獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200107-70

夏本番
投稿日 2001年7月13日(金)13時18分 ツィツァ

完全な夏って感じですね、今日の東京地方。
潔ささえ感じてしまうわ。
夕立があるなんてそれも嬉しい…日本の夏ですね!

>abiさん
ウチの子はももちゃんみたいに調整してるかなぁ???
何しろ欲望の権化なので、その点はバカです。
実家ではジジババを言いなりに出来るものだから、
吐くまでヨーグルト食べるんですよ(~_~;;。
3歳になって知恵がついてきたんだか、アイスノンにも好き嫌いがあるらしく、
硬いのを出すと足で蹴っ飛ばすんです、かわいくないわ!
あとはサーモスタットが理解できないようで、
パワーが弱まると怒ってエアコンをバンバン叩いちゃうんですよ―、
壊すなってば…(;_;)。

>GONTAさん
リモコンの出しっぱなしは危険ですよー、暖房入っちゃったのには笑いましたが(^^;;。
ウチの子もクーラーは気持ちのいいもので、リモコンを押せば思いが叶う、、、と、
そこまでは分かっているらしいのですが、そこはやっぱり猫。
どのリモコンがエアコン用かはわかってません(^0^;;。
で、照明だのテレビだのAVだのって、やたら押してはビックリしてる。
もっとも飼主でさえ昨今の家電にはついて行ってないので、お互いさまかも(^^;;。
でも暖房嫌いのアイツは、冬場にはリモコンに興味を示さないんですよ。

>みるくさん
私はデブ猫と暮らしたことはなく、ダイエットも未経験なのですが
でも一匹の女のコ以外はみ〜んな6キロ越えでした♪
だけど獣医さんは骨の太さや筋肉などから判断して「肥満ではない」と仰っていました。
今いるのはメインクーンなので、それなりの身体をしています。
歴代の子達よりお腹に多少の脂肪がありますが、寒い地方の猫なので
日本猫よりは脂肪が付いているらしく、背中までつかない限りは健康体とのこと。
但しあまり体重が重いと年をとった時、足にきちゃうそうです。
よく八歳くらいから考えた方が良いという目安がありますので、
今はダイエットできる環境を作るのも良いかも、です。
人間もそうだけどまず間食、おやつの回数と量を減らすことから始めてみては?
要求されると言うことを聞いちゃう飼主さんとしても戦いですよね。
猫ちゃんと一緒に頑張ってくださいね。
食べるだけが楽しみ…の猫ちゃんにならないように、いっぱい遊んであげてください。

>うにさん
とてもお辛いことと思います。
仔猫ちゃんはうにさんが育てていく事にしたのですか?
理想は健康体のまま猫と楽しく暮らすことですが、
不幸なことに病気を抱えていても楽しくと気を重ねることは出来ます。
以前、楓さんちのあかねちゃんの病気のことで、獣医さんが言ったこと、
この病気もこの子のひとつの個性だと思って…という言葉は目から鱗でした。
私は1年ちょっと闘病のすえ失ってしまった猫がいましたが、
命の長さだけが全てではない事を知りました。
飼主として出来ること…それは最後まで諦めないと言う事ではないでしょうか。
猫ちゃんに何が起きても受けとめてあげる愛情が大きな薬になりますよ。
猫の病気はキャリアであっても発病しない場合が結構あります。
うにさんの場合は「覚悟」も必要かもしれませんが、
母猫ちゃん含め、諦めないでください。
どんな場合も後悔は必ずありますが、しなかった事に対する後悔は物凄く大きいです、
私はそれを経験してます、まだ立ち直ってはいないかも...。

>みゃ―のママさん
やっぱり心配よねー、冷房病。
あれって温度差に体がついて行けなくて起こるんですよね…
よって冷房はあんまり好きじゃないけど、帰ったらすぐに
居間のクーラーもスイッチオンする事にします。
寂しさのあまり私の後をハァハァしながらついて来るので、
寒暖の差をイヤと言うほど味わっているのだと思います。
んもう、でんこちゃんに怒られちゃうわっ!!(~0~;;。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。