獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200309-18

ロート胸について
投稿日 2003年9月4日(木)13時28分 楓

ももにゃん★さん、こんにちは。
ロート胸の仔ネコちゃんについてですが−−
多くの場合は成長が難しい場合が多いと言われています。

軽いロート胸の場合−
一見見正常に戻ったように見えて、そのまま順調に成長を続ける場合もあります。

もし生後3−4ヶ月まで頑張ってくれて、ロート胸がきちんと診断できれば手術であばらを切り取るなどの外科的処置が可能とも聞いています。

ひどい子の場合−
仔ネコの体重が増えて身体が成長すると、あばら骨が内側に食い込んで、どんどん肺や心臓を圧迫し癒着が始まり…生後3〜4週間が限度だとか。。。

ロート胸は、はっきり遺伝だと言われているわけではありませんが、4匹中2匹というのはちょっと確率が高いように思います。もし次回も同じ掛け合わせで交配をお考えでしたら…またもし次回も同じ仔ネコが生まれた場合は、その掛け合わせの交配はやめにされた方が無難だと思いますけど…

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。