獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200309-23

猫の病気で困ってます。
投稿日 2003年9月6日(土)06時09分 荻窪在住

初めまして。実は今2歳になる雄猫を飼って
いますが、おしっこ系の病気になってしまいました。猫は完全
に部屋飼い、去勢手術を今年3月に行いました。
経過及び症状は、5日ほど前から陰部をしきりに舐めるのがみ
られ、のち、ぐったりと元気が無くなりだし、呼吸が早くなり
ました。獣医さんに電話で相談し少し様子を見ようと思った数
時間後にお漏らしをしてしまい、今迄にそんな事一度もなかっ
たので即、病院に行きました。その日の診断でFLUTDと診断さ
れ、2日間の入院、その間膀胱洗浄2回、尿検査、皮下注射2本
などの治療が有りました。退院日、獣医の話によると結晶など
はみられず、洗浄の際のチューブもスムーズに入り尿道には何
も詰まっていないということでした。(原因は神経性のものか
?ということでした)退院朝に自分でおしっこをしたようだか
ら、退院をきめられた、ということでした。もし翌日午前中迄
に自分でおしっこをしない時はまた、病院で尿を抜くから来て
下さい。といわれ家に帰ったのですがそこで初めて猫の顔を見
ると、左右の目の瞳孔の開き具合が等しくなく、左目の瞳孔の
動きが停まっていました。急ぎ病院に電話すると、退院の時に
は心配すると思い言いませんでしたが、入院した時からその症
状が見られていて、脳に異常が有る可能性が有り、それが原因
で尿の異常が出てる可能性が有る言われ、大学病院での精密検
査を薦められました。話し合いの結果翌日迄に自分で尿をする
か否か、2、3日で瞳孔の異常が戻るか否か、という2段階で状
況を見る事になりました。もうすぐ、(あと5時間)その尿を
するか否かのリミットが来ますが、まだしません。心配で全く
眠れません。なにか、いい対処法がありましたら、どうぞお願
いいたします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。