獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200401-87

>猫の海外渡航について
投稿日 2004年1月15日(木)18時07分 ダリ

あんくんさんへ
私は猫を2匹飼っていますが、昨年フランスに半年近く滞在することになった
とき、1匹は連れて行き、もう1匹は実家に預けました。
(フランスは入国出国ともに楽な国ですから、一番苦労したのはフランス出国
時に日本入国のためのフランス政府機関の書類をもらうことでした)
あんくんさんは移住と書かれてますけれど、永住されるのでしょうか?
出国時の検査が必要と書かれてるから、しばらくしたら戻られるのかな?
(日本出国には大した手間はかかりません)
滞在期間と状況によって一般的には判断が変わると思いますが、相手が中国
となると本当に難しいですね。お察しします。

こちらのサイトはご存じでしょうか?
海外に犬猫を連れて行く人々がよく情報交換しているところです。
http://member.nifty.ne.jp/fox_b/index.htm
そこの掲示板 http://member.nifty.ne.jp/fox_b/bbs/index.htm
に最近中国で猫を飼っている方からの投稿がありました。
この方は現状に耐えられず猫だけ先に帰国させることにしたそうです。
私としては猫の場合(犬とは違って)家の中のみで生活させることが可能です
から、入国さえしてしまえば大丈夫(獣医に関する不安はあるけど)なのかな
と思っていたのですけれど、もしかすると現状はそんなに甘いものではないの
かもしれません。

自分だったらどうするか……難しいです。
猫の性格、年齢によっても違ってくるでしょうし。
連れて行くのも里親を見つけるのも、どちらを選んでも勇断だと思います。
(どちらも簡単なことではありませんし)
悩み抜いて決めたことなら、後々納得もできるしがんばれますよね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。