獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200503-10

「発情期」 「かいせん」
投稿日 2005年2月7日(月)18時05分 投稿者 猫舌

はじめまして、私は一般の猫飼いです。

>ごんちゃんさん
いずれにしても今のままでは、発情は何度でも繰り返しますし、スプレーも治まりません。
外に出しっぱなしにしていれば、病気に感染したり事故に会う可能性も大きくなります。
すでにご心配されているように他人へ迷惑をかけるでしょう。苦情を言えず内に溜める人か
らは恨まれるかもしれません。
そして何よりも、今のままでは人知れず沢山の子猫が生まれてしまいます。

オス猫の場合、発情している最中でも問題なく手術はできるはずです。
なるべく早く手術を済まされた方が、後々よろしいのではないでしょうか?
手術をしたら、それを機に完全室内飼いにした方が良いですよ。
その場合、手術の翌日からピタっとスプレーが止る子も居れば、徐々にしなくなる子もいま
すから、やっぱり効果が無かった!とすぐに諦めずに、絶対に外に出さないようにしてくだ
さい。
外に出していた子ですから、しばらくは出せ出せ五月蝿いかもしれませんが、根負けしなけ
れば、完全室内飼いに戻せる可能性は高いように思います。
トイレも外でしていれば、家の中のトイレでしないのも不思議でないので、出さないように
すれば、またトイレを使うと思うのですが・・・


>太陽さん
かいせん(疥癬)はダニの一種が皮膚にトンネルを掘って寄生するのでとても痒みが激しい
と聞きます。放っておくと全身に広がり、一緒に密に暮らしている人にも悪さをします。

だけど、一言で毛が抜けると言っても原因は色々あります。
皮膚病だとしても、人間にも色々な皮膚病がありますよね?
素人ながら私も疥癬(かいせん)か白癬菌の仕業を考えましたが、原因が何であれ早めに
診察を受けた方が良いと思います。早めに適切な治療を始めれば早めに治るというのは、
猫も人も同じですよ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。