獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200503-32

ユキさんへ
投稿日 2005年2月22日(火)23時40分 投稿者 sutemaru

慣れない飼い猫を捕まえるのはノラを捕まえるのと同じ位に大変です。我が家も三ヶ月かけて連れ戻した事があります。生い立ち、環境、その子の健康状態等違いますから参考にはならないでしょうが一つの例だと思って下さい。まずは根気です。後は時間をかけなければ難しいかもしれません。一日のその子のリズムを確実に掴み、行動範囲を掴みます。家の子は元々が人間にイジメ抜かれて兄弟は殺され、本猫はガムテープを仕掛けられたり、ゴキブリホイホイに捕まった所を保護した子でしたからかなりの怖がりでしたので幸いに遠くには行きませんでした。天窓の網戸に鍵がかからないのをまさかそこから出ると思わないでいたのが、外猫が這上がり喧嘩をした拍子に網戸が少し開き二匹出てしまいました(他に居た十数匹は幸い出ませんでした)。その子は保護してから何年も経っていましたが動物は信じていましたが人間は信じる迄はいっていませんでした。一匹は一緒に居る犬Kがすぐ見付けてくれて帰りましたが、その子だけ姿も全く見せずもう無理かと思いましたが一人では生きていけないとので探しました。結局見付けてくれたのは同居してその子も好きなKで、此処に居るよ居るよと教えてくれました。Kの様子で多分、いやきっといるだろうと思いましたが姿を確認出来ずKを信じ餌をケージに入れ、見ている時は絶対出てこず、後で綺麗に食べていたので生きられると思いましたし、犬Kいるので他の猫は近付けないのが幸いしました。ケージでの捕獲は猫が必死だとかなり無理があり閉じかけたドアを逃げてしまい失敗でした。猫が隠れている側に空き室があったので(これも幸い)餌を段々窓に近付け、窓を少しづつ開け、餌を段々中に入れ、中に入るようにしてからある時窓をぱっと閉め、この時この子は恐怖で尿をしながら部屋を縦に逃げ回りました。それでもその部屋から皆のいる部屋に移すのがまだまだ大変で最終的に薬を用いてフラフラにして毛布にくるみケージに入れましたが帰るまでケージが壊れそうでした。これ以上人間嫌いにならないよう結果三ヶ月という時間をかけましたが、確実に行動を把握出来るのなら薬を用いる方法もあると思います。飲ませて後逃げられたりしたら命が危ない時もあるでしょうから危険なので何時でも使えるものではありませんからね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。