獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200509-16

先住猫の元気がありません。
投稿日 2005年8月10日(水)03時44分 投稿者

先月、近所で子猫を保護しました。
ひどい下痢をしていてお尻もただれてしまっていて、とりあえず保護しようという事になったのですが、もともと家には今年で15年になる先住猫がいて、子猫がきてからどうも元気がありません。
もともとすごく甘えっ子だったのですが、近頃はなんとなく甘え方が控えめになり、いつも伏目がちで、あまり目を見なくなりました。
また、瞬膜が出ることが多くなり、口臭がいきなりきつくなり、歯石を気にする様になりました。(以前はこの様な症状は一度も出た事がありません。)
なんとなく体も痩せた様になり、それまで15年生きているとは思えないくらい元気に遊びまわっていたのが嘘の様に、突然歳をとった様な印象があります。

子猫がきた事で、ストレスが溜まったのかと思うのですが、それにしても突然こんなに症状が出るものなのでしょうか。
もともと外に出るのが怖くて、引越しなどで移動すると息があがってしまい心臓がドキドキしてしまう様な子なので、病院に連れていったら心と体の負担が大きいのではないかと思い、なかなか踏ん切りがつきません。
やはり病院連れていった方が良いのでしょうか。
アドバイスいただけたらと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。