獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200509-33

okameinkoさんへ 下半身不随の猫
投稿日 2005年8月17日(水)21時52分 投稿者 さわ

こんばんは。
下半身不随の猫を育てています。大学病院での手術&プールリハビリ&レーザー治療等、やれるだけの事をして、かなり回復してします。
その子その子の状態にもよりますので、まずは正確な検査&診断を求めた方がいいと思います。
もし外科的治療が必要な場合は、早ければ早いほうがよく、時間がたてば経つほど困難になりますので。
(ヤフーで「猫 リハビリ」と検索されれば、たぶん私のHPが出てくるかと思います。良かったらごらんください。猫の名前はみゃーみゃーです。ここで自分のHPを紹介するのもなんなので…)
排泄関係に障害が残ると、どうしても膀胱炎など泌尿器関係の病気になりやすいですし、
オムツをしているとかぶれたりもします。
また内蔵に影響もでやすいですし、脊髄をやっていると、全体的に弱くなります(経験上)。
ただ、猫は回復力が強いので、一時的に麻痺が出ても治癒したりするので、
今は出来るだけ早く下半身麻痺の原因を知ることが大事だと思います。

ただの猫親でした。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。