獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200509-53

るみさんへ
投稿日 2005年8月26日(金)15時17分 投稿者 もこ

子猫を見てないので詳しくは解かりませんが、後ろ足両方?がだら〜んと引きずっているようなら脊髄あたりにある神経をやられていると思います。いわゆる下半身不随かな?

私の家には、生後3ケ月頃(当時ノラ猫)の時に止まっている車のタイヤの上にいて、車が走り出しどの様になったのかは一瞬だったので解かりませんでしたが、次の瞬間には前足だけで草むらに逃げる姿でした。急いで保護し今は下半身不随ですが前足で元気に走り回り暮らしています。

排泄は自分で出来ないので膀胱を押して尿を出し、便は腸を押して出してあげます。

当時病院の先生は「一生治る事は無いでしょう。でも猫は前足だけでも幸せに暮らしていけるから大丈夫だから頑張って下さい。」と言いました。
当然治らないので手術もなく治療費はたいしてかかりませんでした。

るみさんのガレ−ジにいる子猫ちゃんの様子からだと、きっとどこか(内臓に)膿が溜まってしまってるのかもしれないので、なるべくなら早く病院で見てもらった方がいいと思います。

もし下半身不随なら、この先元気になってもなかなか里親を見つけるのは難しいし、自宅で飼うのが無理だと言うるみさんになんとかしてって言える立場ではありませんけど。
どうかこの子猫が助かる事を願うばかりです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。