獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200509-73

避妊手術後の傷痕
投稿日 2005年9月5日(月)12時27分 投稿者 ちびねこ

はじめまして、こんにちは。
先日メス猫に避妊手術を受けさせました。
手術は日帰りで、エリザベスカラーも腹帯もなく、傷痕は露出したままでした。
そのことについての説明もなかったので「そういうもの」と思ってしまいました。
しかし抜糸の際に「(猫が気にして舐めたので)傷痕に水が溜まっている」と、血液みたいな体液をスポイドのような道具で抜かれました。
今後また溜まった場合は軽い麻酔をかけてチューブで抜く処置をすると言われました。
まだ10ヶ月の仔猫なのに短期間で二度の麻酔を使うことに不安を感じるのですが、こう言ったことはよくあるのでしょうか?
猫はとても元気で、食事も排泄も普段どおりですし、自然治癒は出来ないものなのでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。