獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200512-24

まきんこさんへ
投稿日 2005年12月10日(土)15時58分 投稿者 けりーずはうす

もともと猫科の動物は単独行動の種類のものが多いですよね。ですから人間が考えるよりも、猫にとっては多頭飼育がストレスになることはあるみたいです。もちろん、まったく大丈夫な子も多いですが。ですから新しい猫を導入する場合はやはり先住猫の性格をよーく把握してから決定されるほうがベストでしょう。とはいってもまきんこさん宅はすでに飼われているので、そのあとのことを論じないといけませんよね。
まずは第一段階としていつもお互いの猫が使用している敷物もしくは臭いの染み付いているようなものを交換し、お互いの臭いに慣れさせます。臭いが薄くなった頃にはまた交換です。つぎに先住猫と後の猫の居住区を入れ替えて見ます(この時点ではまだ猫は接触させません)。これに慣れたようなら次は先住猫は自由に、後の猫はケージに入れたまま暮らします。もう一匹の存在が普通と感じるまで慣れたら、少しづつ接触をさせていきます。もちろん、あせらず、駄目なときは一段階落としてそこでまた慣らしてから次に行きましょう。一年くらいかかるかもしれませんが、長い目でみてゆっくり進みましょう。また、先住猫に会わせるときだけケージに入れると後の猫がその猫を嫌いになる可能性があるので、もしケージに慣れていない猫なら今から慣らす様にしてみてください。がんばってください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2020 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。