獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200612-42

猫の血液検査の値について
投稿日 2006年11月19日(日)05時51分 投稿者 与太郎

10歳になる猫が急に失神(けいれん?)を起こしました。10〜20秒くらい意識がもうろうとしましたが、まもなく意識を取り戻し、少し足がふらついてはいましたが、5分もするといつもの様子に戻りました。意識がもうろうとしていた時、目の震えはなく、手足ががくがく動くといった人間のてんかんのような動きはありませんでした。
病院まで遠いため、最初にこれが起きてから30分ほど経ってからに病院に到着しました。この事情を話したところ、心臓が悪いかもしれないと言われました。
血液検査では血小板数が162という数字が出ていました。他の項目は全部異常なしでした。
血小板数の少なさについて尋ねたところ、「機械でうまく読み取れなかったものと思われます。他の数字が全部正常だから異常ではないでしょう」と言われました。

猫の血液検査ではこのように機械がちゃんと読み取れなかったということはあるのでしょうか?
もし、そういうことは起きるものではなく異常だとしたら、この数値や何を示すのでしょうか? 一連の症状との関連はあるのでしょうか?

皆さま、宜しくお願いいたします。どうか教えて下さい。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。