獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200612-7

Re,猫のおもらし
投稿日 2006年11月6日(月)10時50分 投稿者 けりーずはうす

私は「恐怖心」からくる排泄では、と思いましたよ。
犬でも、猫でも慣れない環境(場所でも、人でも)では排泄しない個体というのがいるものです。
大抵はそういった動物は大変な怖がりで、排泄を我慢してしまうのです。
入院した動物の場合は、私達がいなくなってしまう夜の間に活動(食事や排泄)をしているようですね。

ねむねむさんのご友人は猫さんとご一緒に生活なさっていないということでしょうか。
それであれば、なおのこと。
きっと猫さんには、私達のようなまったくの見知らぬ人と同じに思えているのでしょう。
こういった猫さんと仲良くなるのは一朝一夕には行かないもので、何年も暮らして初めてようやく・・というものでしょう。

私が飼っている猫も、3年経ちますが私にでさえ夜寝るときでないとあまり触るのを好みませんし、ましてやスタッフには
抱かれることを極端に嫌いますよ。

ということで、残念ながらご友人には必要最低限のお世話程度で済まし、あとはあまり猫さんを見ず、触らず過ごす方が
猫さんは安心して暮らせるであろうと思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。