獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200708-34

Re:Re:Re:けりーずはうす先生
投稿日 2007年7月11日(水)11時48分 投稿者 プロキオン

こんにちわ、元AHTさん。

私のところにも、下半身麻痺の猫がおりまして、1日に2〜3回膀胱を搾ってあげないとなりません。尿を溜めてしまうと搾られることが苦しいらしく、本人が嫌がります。
ですから、できるだけ小まめに搾るようにしています。
というわけですから、私のところでも、家を留守にすることができないでいます。今、7歳ですから、まだ当分は続くことでしょう。

また、人間から逃げ回っていた野良の子猫の治療をして、その猫が初めて信用してくれた人間が私ということがありまして、その猫をつい最近亡くしました。他の子猫達が亡くなっていく中、なんとか救ってあげることができた猫でしたが、1年4ヶ月だけ寿命を延ばしてあげただけに終わりました。
助けてあげることができたと思いあがっていたことと、その猫がよく懐いてくれていただけに、その分、ひどく落ち込みました。
動物の医療に一旦かかわると、どうしても辛い体験が増えてきてしまいます。治ったものは、家に帰ってだんだん記憶からも薄れていきますが、亡くなったものは、いつまでも傍にいます。辛い思い出、悲しい思い出であっても、なかなか消えていきません。いつまでも傍にいるようですね。


>この気持ちと、今までの経験を生かして、またいつか現場に復帰できたら・・・と思っています。

では、現場復帰がかなうまでは、こちらの掲示板にも遊びに来てくださいね。アドバイスをまっている方々は多いですから。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。