獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200708-44

繰り返す嘔吐に動揺しています。
投稿日 2007年7月17日(火)01時49分 投稿者 まろ

皆様初めまして。
同居している女の子の猫のことでご相談があります。
問題の原因を突き止めやすくするために、かなりの長文になりますが、詳細に記させていただきます。

年齢はおよそ10歳、生後間もない頃に豪雨の中、3匹の子猫が家の庭で鳴いているところを保護し、母親猫が1匹だけ連れて行ったまま迎えに来なかったために、後の2匹がそのままうちの家族になりました。
これまで病院でしかるべきケアは総てし、目だった問題行動もふたりともなくここまで来たのですが、ここ1年くらいでしょうか、女の子が食事を取った直後から数時間後まで不規則で、嘔吐を頻繁に繰り返すようになり、どうしたらいいのか困っています。

うちは男の子と女の子一匹ずつですが、両者の状態は見事に両極にあります。
男の子は2年前くらいから缶詰を一切止め(尿道が詰まってしまったため)、病院で購入しているカリカリだけをずっと食べ続け、毛艶もよく、身体はふっくらし、抜け毛も少なく、食事量は去年あたりまで極端な時は30分毎に大量に食べて時々嘔吐するといった感じでしたが今は安定して、3時間置きに1回くらいで済んでいます。

女の子も、男の子の病気の件から同時期に病院のカリカリに変え、しばらく1年くらいの間はきちんと食べていてくれていました。
それが、私の認識では突然という感じなのですが、病院のカリカリを嫌がって一切食べなくなり、市販の缶詰やカリカリを出すまで泣きやまないのでそれからはこの食事が中心になりました。
もともと男の子と違って食べる量は少なかったので標準体型でしたが、ここ1〜2年前くらいに体調不良で一度病院に入院して帰ってきた頃から痩せ始め、嘔吐も時々するようになっていたと思います。けれど今ほどひどくはなかったです。

食事の内容は最近変わって、市販の缶詰やカリカリでもシニア用にし、よく食べるようにはなりました。
しかし、やはり病院のカリカリを食べていた時期から比べると明らかに、毛艶は悪くなり、毛は大量に抜け、よく吐くこともあってか体重が増えるどころか背骨が浮き出るほどに痩せていってしまいました。
時々便秘もするようになったために、便出しと嘔吐の相談にこれまで何度も近所のかかりつけの獣医に行き、事情を詳しく説明するのですが、食事自体は問題ないし、何も食べない時間が1日以上続いたんであれば内臓を疑う必要がある、場合によっては手術もあり得るといったお決まりの返事で、状況は一向に快方に向かわないのです。

少量を1時間おきに欲しがるためにこちらも手が回らなく、缶詰も最近全種類飽きてしまったようなので、食事を常に食べられるようカリカリだけはお皿に置いておいています。
缶詰中心の時は、衛生面のことからほしがったときに冷蔵庫から盛るようにしています。

しかし、どちらにせよ、よく吐くのです。
一回の食事から、その後3時間の間に食べた分総てと胃酸の混じった液体(水)まで、お腹の中が空っぽになってるんではないかと思うくらいに吐きまくり、吐いた後はすぐにご飯を欲しがって鳴いて呼び続けます。
人間の感覚からすれば、吐いた後は胃が荒れるだろうと思い、あえて呼びに来ても仕事に集中している様子を見せて反応をしないでいると、傍で座ってじっと待っていますし、なだめるためにだっこをするとゴロゴロと嬉しそうに飽きるまで腕の中で甘えています。

この様子から、もっと構って欲しくてあえて吐いているのか(寂しくて吐いているのか)、何か体調に問題があって吐いているのかがわからなくなりました。

構って欲しいがために問題行動に出る、とか、猫が鳴けば必ず食事をねだっているのだと飼い主が勘違いすると、猫のほうもそれがコミュニケーションのサインだと思って、構って欲しいだけであっても食事をねだるようになるといったような記述をwebで調べたときに読んだことがあります。
猫も人間と同じ、感情を持っているのだから当然そういうこともあるだろうと私はなんとなく思うのですが、かかりつけの獣医にそれを伝えたところ、考えすぎと一蹴されました。
わたし的には考えすぎだとは思えませんが・・・・。

今のこの子の状況に、お心あたりがありましたら教えて下さいませんか。
もちろん、動物病院を変えることも考えていますので、東京都内でおススメの動物病院をご存知の方もいらっしゃいましたら情報をいただけましたら有難いです。

長文失礼いたしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。