獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200708-47

早速のお返事、どうもありがとうございます!
投稿日 2007年7月18日(水)03時18分 投稿者 まろ

お返事遅くなりまして申し訳ありません。
けりーずはうす様、元HAT様、早速のお返事下さいましてどうもありがとうございました。

けりーずはうす様へー
やはりおかしいですよね・・・。
はい、血液検査は去年の秋ごろに一度と、今年の2月ごろに一度してもらいました。
血液検査をするに至った直接の原因は、膀胱の脇にある臭い袋が左右それぞれ時期をずらして炎症を起こし、ひどく化膿してしまったために検査と入院をすることになったのですが、その時に言われたのは白血球が異常値、その他にも異常値を示す項目が2つほどあったのですが、直接嘔吐などに関わるようなものではありませんでした。
その件で退院後も食欲は旺盛で嘔吐もなく、何の心配もいらないくらいでした。

その検査以前にも嘔吐や便秘がひどくなればその度に、かかりつけの獣医へ相談の電話や直接本人を連れて行って診断などを仰ぎましたが、直接解決にいたる具体的な処置・アドバイスは前記と同じ内容で、相変わらずでした。
やはり、病院を変えることは必至かもしれません・・・。


元HAT様へー
>結局、嘔吐に関しては何の検査も治療もされていないという事なのですね。
はい、そうなのです。
やはり疑問をお感じになられますか。
そうですよね、私も見逃せないことなのにと思っていまして・・・。
以前今回のような症状が出たときに、本人を連れて行ったところ、あまりに嘔吐を繰り返すようであれば、直接お腹を開いて、中を見てみなければならないと言われてしまい、それはあまりにも極端なのではないかと母と疑ったものです。
しかし、その後数日経ったら症状が改善されたため(自然と治った)、他の病院を巡ることまではしませんでしたし、後日担当医が変わってからその話をしたら、今度は、お腹を開くまでのことは必要ないと言うことで、医師によっても見解が違い、結局1日以上食べなかったらまた連れてきてという返事しかもらえませんでした。

>脱水などの負担を、本人が感じていなければ、単純に「またお腹すいた」というのは当 然かと思います。
そういえば!
見落としがありました。
3ヶ月前ひどい便秘をして、便出しに獣医に行ったとき、すでに軽く脱水症状になっており、生理食塩水を点滴してもらっていました。
この子はもともと水をあまり飲まない子で、カリカリを食べても水を飲んでくれないのはずっと前からでしたが、その頃は缶詰が中心で、具材にたっぷり水分が含まれているタイプだったので、それ自体は問題ないようでしたが、身体的には水分が慢性的に足りていなかったようなのです。
そして昨日今日の話なのですが、おととい大量に吐いたせいなのか、食事量がかなり少なく、ティースプーン1杯分の量も完食せず半分以上残して、その代わりに水をとてもよく飲むのです。ほとんど食事を取らない時は今までもありましたが、食事量よりも上回る水を飲むのは初めて見ました。そして今日はぐったりしています。脱水症状を疑うべきなのかもしれません・・・。
これは明らかに負担がかかっていると思って間違いないと思えます。
今日は昨日よりかはかつおぶしの薫りに誘われてか、缶詰のほうをティースプーン半分くらい食べてはくれました。しかしやはり、それ以上は手をつけず、私のところにきて鳴いて呼ぶこともなく、ただただソファーで寝ています。いつもならこの時間には必ず数回は部屋に来て、私を呼ぶのですがー。
今日の食事量はトータルでもティースプーン1杯分でした。
調子がいいときはモンプチサイズの缶詰を一缶以上ペロッと平らげるので、やはりなにか体調に問題があるかもしれません。
毛の抜け方もたまに驚くことがあります。
ここ半年くらいの間で、ノドあたりの毛が5ミリ四方くらいでいくつかまとまりが出来、自分で舐めることのできない部分なので、毛足は並の長さであってもまとまりやすくなっているのかもしれませんが、ノド元を撫でてあげているときに、これがごそっと綺麗に抜けるのです。10円ハゲのような感じに・・・・。
ブラッシングも本人が嫌がらない程度に適度にしてはいますが、改善されていません。

私たちといたしましても、今回の件は原因をはっきりと突き止めたく思っております。
早急に動物病院探しをすることにしました。
お力になっていただき、どうもありがとうございます。
また何かアドバイスなど頂けましたら幸いです。
どうもありがとうございます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。