獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200708-83

Re:Re:発情中の手術後のケアについて。
投稿日 2007年8月21日(火)16時20分 投稿者 みっチャン

こんにちは。従医師側からの貴重なアドバイス、本当にありがとうございます。
お蔭様で、昨日無事に手術を終え、日帰り入院で夕方に帰宅することが出来ました。
と言うか、あまりに執刀して下さった先生に対しての恐怖心が強すぎる為、入院させるよりは自宅に帰して精神の安定を図る方がよいと先生が判断したのだと思います。
実際、家に連れて来ましたら麻酔と麻酔を覚まさせる薬の影響か、しばらくの間錯乱状態に陥りまして夫から「しばらくそっとして置こう」と言われたくらいです。
その後は徐々に落ち着いて来て、安心できる場所と匂いを見つけて落ち着いておりました。
今はだいぶ落ち着いて来て、私の姿を確認できる場所で涼んでます。
抗生物質の注射をしに行きましたら先生に対して暴れてしまい、とりあえず注射はさせましたが、明日からは薬剤投与に切り替えられました。
昨日の術後の引取りの際、切除された物を見ましたが、ピンク色をしていて、少し充血していたようです。本猫は傷口が気になるのか腹帯の上からしきりになめてました。
本当にありがとうございました。今度の日曜日に抜糸の予定です。それまでは腹帯をしていますので、カナリ窮屈な思いで過ごすのでしょうね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。