獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200710-44

Re:猫の目のケガ
投稿日 2007年10月21日(日)11時49分 投稿者 プロキオン

目のケガと記載されておられますが、多くのケースで遭遇するのは結膜炎・角膜炎・眼瞼炎であることが多いように思います。
だいたい、子猫の目が塞がっていて開かないというのは、鼻気管炎に由来していて、結膜炎等がひどくなってのことが多いですね。重症のものは、フィブリンが析出してしまっていて、角膜や結膜は言うに及ばず、眼瞼までもが癒着してしまっていたりします。
眼瞼をむりやり押し開いて、角膜からフィブリンを挟みで切除して取り除かなくてはならない事もあります。
また、眼が濁っている状態というのは、だいたいのところは、角膜炎があるか角膜に浮腫があるかのどちらになります。
このような状態というのは、拾われた子猫においては、珍しくもなんともありません。猫が大勢集まるところであれば、誰かしらが病原体をもっていて集団の中で繰り返して感染が継続し続けます。子猫が捨てられる場所というのは、だいたいのところの相場があって、そのような場所には大人の野良猫も近所にいるものです。野良猫にこそワクチンを接種してあげたいなと思うのはそんな時ですね。

子猫には珍しくもないということで、普通の開業医であれば、処置に苦労するということはないはずです。特別に眼科医でないと治療できないということはないはずです。治療に差がつくとすれば、まずはその先生のパーソナリティによるところだと思いますよ。特別な器具も薬も必要とするわけではないです。

また、病院名を尋ねるという場合は、こちらではメールアドレスを記載していただいて、個別にメールでやり取りをしていただくことを基本ルールとしています。
これは、特定の病院への誘導とならないように、形を変えた広告宣伝とならないようにという意味からです。特定の病院の悪口も困りますが、特定の病院をとくに持ち上げるということもしないということです。
1つの病院が万人にとって同じとは限りません。Aさんにはよかっと病院でも、Bさんのときには結果が落胆するものであったということもありえます。Aさんにも、Bさんにもそれぞれの言い分があるわけですし、その病院の評価を獣医師広報板がしてしまうというわけにもいかないからです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。