獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200710-48

Re:予防接種は必要か?
投稿日 2007年10月23日(火)11時47分 投稿者 プロキオン

予防接種は必要です。とくに猫におけるワクチンは感染を防ぐということではなく、感染しても軽症で済むというワクチンです。これは、対象となっているヘルペスウイルスやカリシウイルスが呼吸器の粘膜にとりついて感染することに対して、血液中にある免疫抗体の分画がその粘膜に移行しにくいためです。つまり、感染した粘膜でのウイルスの増殖までは抑制できないのです。増殖したウイルスが血液を介して全身に運ばれるという際に、それをブロックして最初に感染した粘膜の範囲で押しとどめておくということですね。

ということになりますから、血中の免疫抗体の量が減少していると、ウイルスは全身に運ばれて全身感染となって重度の症状をひきおこすということになります。
猫でも犬でも体力や免疫力のピークは5〜6歳ぐらいにあります。それ以降の年齢は、ゆっくりと下降線を描いていくこととなります。同じワクチンを1回接種するにしても、それで獲得される免疫の量は、必ずしも若い時のようにはいかないわけです。
歳をとっているからもう必要ないではなく、歳をとってしまっているからなお一層必要なのです。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。