獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200710-66

Re:悩んでいます・・・
投稿日 2007年10月30日(火)10時17分 投稿者 けりーずはうす

まず、まだ若く対応能力のある弟さんの猫さんにはケージに入ってもらいましょう。
新しく別の縄張りに入るのですから、猫にしてみれば逆にケージという身を守れる場所にいるほうが安心でもありますしね。

16歳のオス猫と、そのメス猫さんはお互い去勢、避妊手術は済んでいますか?
済んでいないようなら、やはり無用なトラブルの元ですので、少なくともメスの避妊手術は終わらせておきましょう。

さて、馴らすのには数ヶ月以上かかるおつもりでいてくださいね。
先住猫さんには、新しい猫さんの臭いから慣れてもらいます。
できれば1ヶ月ほどはあまり接触はさせないように、別々の部屋で過ごすほうがよいですね。
そしてお互いの寝床の交換から始めます。
次に猫は全く顔を会わせない様に気をつけながら部屋を交換してみます。
そうすると、先住猫さんが少しずつ新しく仲間が加わったことに理解を示してくれるでしょう。
次に、ケージ越しに対面させてみましょう。この時多少の威嚇行動があっても、人はあまりなだめたり、叱ったりしないで
一線をおいて様子を見ます。
対面時間は5分程度から始め、様子を見ながら少しずつ長くしてみます。
次に大丈夫そうなら、必ず人が監視している条件でケージ越しではなく直接会わせてみましょう。

ここに至るまでには、本当に根気が必要です。
1段階進んでダメだったら、元に戻ってやり直しをしてください。
焦りは禁物です。
もしかしたら、どうしても慣れず、新しく迎える猫さんには、ずっとケージに入ってもらわなければならないかもしれません。

きついことを申し上げるなら、今まで他猫とすごした経験がない老猫に新しくとても若い猫に慣れろということは
はっきりいって辛酸をなめさせるようなストレスであるのです。
これが、若いときに他猫と過ごしたことがあったり、すんなり受け入れた経験がある猫であるならまた少しは別なのですね。
それでも、若くてエネルギーの余ってる猫がじゃれ付くのはとても嫌がるものです。

そこを理解していただき、ゆっくり馴らしてあげてください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。