獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200804-36

Re:Re:猫の風邪
投稿日 2008年3月24日(月)11時18分 投稿者 プロキオン

鼾と鼻づまりからくるものとは、本来は別物です。鼾は、軟口蓋の過長からきていて、呼吸時にここが振動しているときの音を言っています。
鼻づまりの方は、鼻腔が狭くなっていて、空気がここを通過するときに鳴っている音ですね。

子猫のときに鼻気管炎をやっているとどうしても慢性化して副鼻腔に炎症が残っていて、その中に細菌を残していることが多いです。いわゆる鼻の蓄膿症である副鼻腔炎ですね。
普段は、とくにどうということもなく治まっているように見えていても麻酔をかけたりしたような深い眠りの状態になると鼻水がドバーっと出てきたりしてびっくりします。
これは副鼻腔という組織が頭蓋骨の窪みのうえに粘膜がかぶっただけのような簡単な組織であって血管に乏しいからです。病原体に対する免疫抗体も抗生物質のような薬剤も 副鼻腔にまで運ばれにくいのです。ですから、病原体もそこであれば残存できてしまうのです。まあ、その周辺にまではなかなか出てくることができませんけど。そこで、ゆっくりと濃い鼻水が貯留していくということになります。
慢性化した副鼻腔炎があると、本来の鼻腔の方でも少し腫れた状態でいるのと、副鼻腔内の鼻水がでないようにすすっている空気の流れとがあって、スムースな流れとなりません。一旦完治したかのように見える猫の場合は、副鼻腔炎があると考えた方がよろしいでしょうし、今、まさに鼻の粘膜が腫れている猫であれば、それだけでもピーピー・ブープーという音は聴くことになります。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。