獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200806-21

Re:昨夜の地震で…
投稿日 2008年5月8日(木)17時18分 投稿者 けりーずはうす

大きな被害もなく猫さんが直ぐにみつかってよかったですね。

災害のことを考えますと、色々と思いつくことはありますね。
猫の場合、こういう状況になりますと2通りの行動をすると思います。
1つはパニックになり、その場から逃げることしか考えられなくなる為
もしもガラス窓などが割れていたりすれば外へ逃げ出し、見つからなくなる場合です。
2つ目は、体を硬くし、そのばにうずくまってしまう場合です。
この場合は、その場が安全であればよいのですが、そうでない場合は何かの下敷きとなることもありますし
こちらが猫を探しているときに、反応してくれれば良いのですが、そうでないとなかなか見つかりにくくなりますね。

猫の安全を考えますと、ケージに飼育していればどちらの場合でも大丈夫なのですが、だからといって
いつ地震が来るかわからないのに始終ケージに入れておくわけにも行きませんよね。

ただ、避難所に連れて行くにしても、動物用の避難所に入るにしても、ケージに入ることには慣れさせておかなければならないと思いますね。
また、食事についても、避難が長引けばストックしておいたフードなどはなくなってしまうでしょうから
支給されるフードを与えなければならなくなるかもしれません。
普段からメーカーを偏らないように与えるのも必要かもしれませんね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。