獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200806-28

Re:Re:Re:Re:昨夜の地震で… けりーずはうす先生へ
投稿日 2008年5月9日(金)12時05分 投稿者 プロキオン

>私自身は、基本的に動物が元気でいるうちは、少々おいしくないものを与えておけば、病気になったりした時に
違った味を試してみると喜んで食べてくれることもあるだろうからと思って育てています。
だから、喜んで食べないものを基本的な食餌として与えておくのもいいかもしれません(笑)。


私もこの考えでいますが、ミセスプロキオンの方がまったく駄目ですね。猫達のご機嫌とりの給餌をしています。
その際たる例なのですが、「病気のときの投薬のために缶詰の餌は毎日は与えるな、ときどきにしておけ」と常日頃から繰り返して言ってきていたのですが、毎日与えていました。その結果、膀胱炎の猫は毎日口をこじ開けての投薬になっていますし、風邪引き猫は、薬入りの餌をたべていたはずにもかかわらず、知らないうちに投薬されていませんでした。「薬をまぜると餌を食べないから…」というのがその理由でしたが、まるっきり本末を転倒してしまっていました。

少々のことならば食べてくれるものを用意しておかないと、投薬の際に苦労することになります。毎日、お気に入りを与えてしまっていたら、それはもう御褒美にはなりえません。
御馳走の味を知っていないと、食いつきは悪くなりますが、満遍なくいろいろな餌をたべるようにしておいて、ここぞという餌は、ときどき、良いイメージと結びつけるようにして与えるというのが良いです。

我が家は、猫が多いので、気に入らない餌だと、他の猫の餌を横取りして食べてしまいますので、なおのこと確実に食べてくれる餌が必要なのです。
獣医師の妻なのに、全然理解していません。いままで何度となく注意してきたのですが、聞き流されてきた上に今回のようにかってに投薬中止していたので、彼女がお風呂に入っている間に猫缶を全部隠してしまいました。
実際に困る事になるのは、人間ではなく猫の方ですから、御機嫌取りだけにしかならない給餌では困ります。

災害の場合は、餌そのものが入手できないことがありますから、おいしいものしか食べないは、猫のためにもなりませんね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。