獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200806-38

Re:Re:Re:Re:野良猫が車の底で出産してしまいました。
投稿日 2008年5月13日(火)17時03分 投稿者 けりーずはうす

私がまだ実家で両親と暮らしていた時のことですが。

1−2ヶ月前より玄関からでると、さっと動く気配があるようになりました。
当時は、2匹ほど野良あがりの猫を外で飼育していましたので、自転車倉庫に餌が置いてあったので
それをこそこそと食べていたようです。
それでも、最初に飼い始めた猫が、気に入らない猫は追い出していましたからその猫は大丈夫だったのでしょう。
ですが、家族の誰も猫の全体像を見れたものはいなかったのです。

そうこうしているうちに、その猫が元気を失ったのか動きが鈍くなることがありました。
ふと見ると、片耳に怪我をしていたようです。
保護して治療をしてやりたかったのですが、やっぱりつかまりませんでした。
結局片耳を失ってしまったのです。
もちろん、耳の機能には問題なさそうでしたが。
その内に、餌を与えている父にだけなつくようになり、ワクチンを打ったりノミの予防をすることはできるようになりました。

そして後日、父が告白したのですが。
ある日、車のエンジンをかけたら、「ギャ〜〜!!」と猫の叫び声が聞こえ、猫がボンネットから逃げていったと。
たぶん、その時に耳を傷めたのでしょうね。
それ以来、罪滅ぼしなのか、そのこを「芳一」(昔話より)と名づけてかわいがっていましたが
3年ほど過ぎたころぷっつりと姿を見せなくなりました。

外で飼育している猫の性ですね。


◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。