獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200908-27

Re2:フン被害の対処法。
投稿日 2009年5月23日(土)23時22分 投稿者 匿名。

ご回答ありがとうございます。

地域ネコとして世話をする。
それは理想論で、結局一部の誰かがとても大きな負担を背負ってやっているのではないでしょうか。
まだ単純にネコを自宅内で飼って世話する方がよっぽど楽でしょうね。

私にはとてもそんな暇も力も意欲もありません。
こんなに動物が憎たらしいと思ったのは初めてです。。。。。。。

でも銃で撃ち殺すというのは、それくらい迷惑しているということで、毒を撒いたり、動物を痛めつけるつもりは毛頭ありません。
結局悪いのは、それをちゃんと管理できずに、野放しにしている人間だと思うから。

今までもたくさんの人がネコの被害にあってきてるはず。
迷惑防止条例だとか…
何か法的にとれる対処法は全くないのでしょうか?

人間に害のある病気(狂犬病など)がないから…と、それをみんなが困っているのにまったく解決する気のない役所の対応もおかしいと思います。
結局溢れた動物を回収して殺処分する費用は税金ででしょ?

長いスパンで考えて、節税のためにも、ペット動物の管理をきちんとすべきだと思いますが。

うーん。
つらいです、う○ち。
悲しいです、本当に。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。