獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200908-61

Re9:子猫のお腹に水ぶくれの様な
投稿日 2009年7月16日(木)10時32分 投稿者 プロキオン

mikaさんとのお話は一段落ということで、ちょっと興味のある人にだけに。

メラニン色素を作るメラニン細胞は、「神経堤細胞」から発生し、神経路に沿って分化し、子宮内における胎児の発生過程において皮膚へ移動していきます。このためにメラニン細胞は神経細胞に近い動態を示す事があるというか、似たような性格をもっているというべきなのでしょうか?
とにかく神経細胞や神経線維の成長に呼応するかのようなところが見られます。それゆえに神経組織が発達していなかったり、遮断されていたりするところでは、メラニン細胞の誘導があまり見られないという現象が起きてきます。
つまり、結論とすれば、白猫で目が青いから聴覚が失われているのではなく、聴覚が失われているから目が青いというのが本当のところなのではないでしょうか。

では、なぜ、目と耳なのかということになりますが、これは私にもうまく説明できません。それぞれの神経が脳から直接出ている12対の神経の中に存在しているからというくらいしか理解できていません。
目に関わる脳神経は、実は1つだけではなく第2脳神経である「視神経」から第7脳神経である「顔面神経」までの6つの神経が何らかの形でかかわりをもっています。聴覚をつかさどる「内耳神経」はちょうど第8脳神経という順番になりますので、近いといえば近いですね。
ただ、念のために申し上げますと、眼球の中で瞳孔反射や水晶体の厚みの調節に関わるのは第3脳神経である「動眼神経」となります。
眼球の発生過程における虹彩の形成に関わるものがどの神経支配によるかは私は承知しておりません。というか、これは脳神経支配によるものなのでしょうかね? もっと根源的なもののように思えます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。