獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200908-72

Re3:生気がない子猫
投稿日 2009年8月12日(水)21時27分 投稿者 けりーずはうす

猫が横になって寝ない場合は、呼吸が苦しい場合と、警戒心がとれていないためとどちらかが考えられます。
こちらでは、そこの判断が取りかねますので、まずは獣医師に病気ではないのかの判断を仰ぐ方が良いと思われます。

また、警戒心がとけないようであれば、ケージなど安心するスペースを用意していただく方が良いように思います。
単に、人馴れしていない野良猫の子供であった場合は、同じように警戒心が強いと思いますからなかなか人の近くでは横になることはないでしょう。

応急的には押入れかダンボールでもよいのですが、出入りできるほどの穴はあけておいたほうが良いですね。
そこから安全かどうかを覗き見ると思いますから。
ケージであればなおいっそう良いと思います。
さらにバスタオルなどで覆ってあげていただくと、薄暗く隠れている感じが強くなります。
ケージのドアは、しばらくは閉めておかれたほうがよいかもしれません。
なれた頃に開けておけば、自分でちょっとずつ探検するように出てくるでしょうから。

慣れてくれば、子猫らしくかわいらしく走ったり、じゃれたりするでしょう。
がんばってくださいね。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:ふぅ動物病院様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。