獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-200908-96

Re3:咬んでくる猫
投稿日 2009年8月31日(月)19時18分 投稿者 けりーずはうす

こういうのは、「動物問題行動学」に分類されるケースだとおもいます。
最初にこの「咬みつき」が始まった状況を思い出していただいてそのきっかけがわかるといいですね。
大人で保護したということですから、人の足への攻撃の本当のきっかけはわからないかもしれませんね。

人を選んでいるということですから脳の障害のようなことでもないようですね。
まずしていただくことは、その問題の行動をこれ以上積み重ねないことですからケージなどに入れるようにしてみましょう。
そしてケージから出す時は猫がおとなしく、さらに人が猫に100%注目できる時だけにしたほうがいいでしょう。
家事をなさ場合や就寝時など猫から目を離すことがある場合は必ずケージにいれるなどをしておくようにしてください。
何がきっかけで攻撃行動にうつるのかわからないうちは、とにかく「咬む」という行為を積み重ねないことが重要です。

犬に「無駄吠え」がないように、必ず何か理由があるはずです。
人が「突然」「なぜか」と思われいても、よくよく観察をするとその行動に移る前に猫が何らかのサインを発していたりするものだと思います。
それには、限られた時間で猫と接触し、観察をなさることです。
また、猫にとっても「全てが自分の思い通りには行かない」と理解させるにも良いのだと思います。
最初のうちは、ケージに入ることを嫌がって鳴くかもしれませんが、一週間ほどで諦めますよ。
ケージから出す時はおとなしくしている時、興奮し始めたらケージに入れるなどを繰り返してみてください。
原因がつかめ、行動が治ってくるのには何ヶ月もかかると思われたほうがいいですね。
経験を積み重ねた時間だけ必要かもしれません。
本来こういった行動を治療する場合は先にも書きましたように「問題行動専門獣医師」に相談なさる方が早道だと思います。

ぜひ、ご検討ください。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。