獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-201008-27

Re:猫のリンパの腫れ
投稿日 2010年4月8日(木)10時22分 投稿者 プロキオン

タイトルには、リンパの腫れとありますが、記載内容からいくとリンパ腺ではなく唾液腺の腫れということになりそうですね。

もっとも、この場合、唾液腺に細菌が侵入して炎症を起こしたというのと、唾液腺の排出口が詰ってしまって腫れているという2とおりの解釈ができると思います。
そして、心臓も肥大しているということであれば、「リンパ節」ではなく、「リンパ液」の流れが悪くなっていて、皮膚に「浮腫」を起こしてしまっているというケースも考えることができます。
と言う事になりますが、現実には主治医の先生が「唾液腺の腫れ」であるところの唾液○○という診断を下されてしまっているという事になりますので、それ以外の可能性について部外者が口出ししたり、見解を述べるのは主治医の権利に触れてしまうことになりかねません。

このようなケースで浮腫が見られるというのも ありがちなことと思いますが、針吸引による細胞診まで実施されているような記述がありますので、その結果としての診断ならそれにしたがっていただくべきかと思います。
患者を診察していない者が病状の説明をするわけにはいかないと思いますので、主治医の先生にあらためて質問していただいた方が良いでしょう。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。