獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-201008-52

老猫の受け入れについて
投稿日 2010年7月23日(金)20時23分 投稿者 りゅう

老猫の受け入れについて相談させてください。

我が家には2匹の猫(5歳と2歳 両方ともメス)がいます。
そこへ14歳くらいになる老猫(メス)の受け入れを検討しています。

老猫は親戚の家で飼われていたのですが、とてもひどい飼育状況で、外耳炎になった際に保護しました。(前足後ろ足ともに抜爪済み、倉庫のようなところで紐につながれて飼育されていました。)
飼い主が老齢であることもあり、必要な投薬や飼育環境の改善が見込めなかったためです。

今は兄の家で保護していますが、兄の健康上の理由で長くは面倒が見れなさそうです。
かといって、子猫の頃から知っている猫なので、できれば私の手元で最期まで見届けてやりたいと思い、我が家で受け入れを検討しています。

そのために、先住猫達にもできるだけストレスを与えずに、自然に受け入れるようにアドバイスいただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

現在準備しているのは、ゲージとトイレです。
ワクチンはお医者様と相談して耳への投薬が不要になった頃に予定しています。
老猫は家族が仕事に出ている間はゲージで過ごしてもらう予定です。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。