獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-201104-31

水道水から放射性物質の検出について
投稿日 2011年3月24日(木)09時58分 投稿者 プロキオン

水道水から、放射性物質が検出されたとの報道を受けて、犬の体が小さいので、乳幼児と同様に飲むことを控えた方がよいのかという相談がありました。
飲料水ということになると、猫についても同じ心配をなさっている方もおられるかもしれませんので、こちらにも貼っておきます。

ーーーーーーー

今、測定されているレベルの放射線量であれば、とくに何かをしなくてはならないという必要はありません。
報道で問題とされているヨウ素131とセシウム137については、マスコミも捉え方を誤っていると私は考えています。線量としては、問題視されなくてはならないレベルとは言えません。

これらの放射性同位元素が問題となるのは、自然界においては存在しない点にあります。どういうことかいうと、原子炉の中の核燃料に由来する元素だからです。これらが自然界において検出されるということは、原子炉内からの放射線の漏出があることを意味することになるからです。
つまり、これらの放射性同位元素の検出の背後に、もっと大きな問題が控えているからという事になります。ですから、ごく微量であっても、これらの元素が検出される事が意味する事が大きいのです。それゆえに、検出値がわずかでも騒動となりますし、基準値も低く設定されていて、重要視されることになります。

もともとが自然界にない元素ですから、一旦検出されれば、基準値の何倍という数字にならざるをえないというのが実情なのです。この「基準値の○○倍検出された」という表現がマスコミが好きなようで、本来の意味するところと異なって、一人歩きしている感があります。
真に重要なのは、これらの検出された線量が人体や動物に与える影響の方です。こちらの方こそが話題とならないとなりません。が、その報道内容というのが、直ちに人体に影響は無いというものですから、なおのこと何倍検出されたと言う方しか記憶に残らなくなってしまうのです。

さて、御質問にあった犬への影響ですが、基本的に犬だから人間よりも鋭敏に反応するということはありません。
乳幼児は控えて欲しいという表現は、体が小さいからという理由ではありません。新陳代謝の盛んな時期の人間(動物)、細胞分裂が盛んな組織は、放射性同位元素の影響を受けやすいからという理由からです。放射線によって損傷を受けた遺伝子が、修復される間もなく、そのまま複製されてデッドコピーが広がっていくことを懸念してのことと言えます。ですから、成長してしまっている個体であれば、人間の大人と同じ理屈になります。
とくだんの配慮が必要ということではありません。
また、配慮しようにも飲料水ということになりますと、その配慮をいつまでも継続できるというわけにもいかないと思います。

本当に心配しなくてはならない時期というのは、放出された放射性同位元素が、蓄積されて有意な量となる10年とか20年とか先のことです。(ヨウ素の方は半減期が短いので、そのような心配さえ、必要ありません。)

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2020 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。