獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板過去発言No.1200-201104-34

Re:モンモンさんへ
投稿日 2011年3月24日(木)13時29分 投稿者 モンモン

パールちゃんさん、温かいお言葉をありがとうございます。御返事が遅れてすみません。

愛猫もかなりのショックを受けており、少しの物音や揺れにも敏感です。できるだけの事はしているつもりですが、時間と体力、気力が追いつかず後ろ髪をひかれる思いです。

普段からフードは多めに用意していたので当座の分は間に合っていましたが、徐々に少なくなり、たまたま震災直前に通販で注文していた分が一向に届かず、だいぶ経ってから問い合わせたところ、幸いにも近くの営業所止めとなっていたため、直接取りに行けたのでその分は確保できました。ただ今後は、店頭でも品薄で買えなかったり、未だ給油できてないので在庫のある店へ車で買いに行くこともできず、運送状況の回復が遅れると通販も利用できずということになり、いつまでもつのかという不安はあります。
避難所の動物達も救援物資等で届くフードで何とかしのいでいる状態かと思いますが、日数の経過と共に、自宅にいる動物も直接物資が届かない分自己調達が難しくなっていくかもしれません。

動物は水を運んだり、ご飯を用意してくれるわけではないけれど、そばにいてくれるだけで心が慰められ、生きる支えになってくれます。こういう時だからこそ彼らの一途な表情や柔らかさ、温かさは他の何物にも代え難く、今後被災生活が長くなればなるほど、彼らの力が助けとなる被災者は数多くいるのではないかと思います。
震災から2週間が経過し、まだまだではありますが食料もライフラインも少しずつ回復してきて、これからの支援はそういったハード面と併行して、心を支え復興への力に代えていくという支援も必要になってくるのではないでしょうか。動物達はその役目を共に生きることできっと果たしてくれるはずです。
そういった面から言うと、避難所でも可能な限り家族の一員として動物と共に暮らすほうが、そこで暮らす人間にとってもプラスになるような気がします。(勿論衛生面や苦手な人への配慮、動物個々の性格なども考慮した上でですが)被災者家族と一緒に過ごせるような避難所での環境作りや、一時預かりに対応するシェルタ−を避難所近くにも設けるなど、今後の参考にしていただけたらと思います。動物を助けることは人を助けることにもつながると信じています。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2020 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。