獣医師広報板ニュース

ネコ掲示板個別発言

クーちゃんの思い出。
投稿日 2017年2月22日(水)21時22分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

今日は猫の日なので、猫の思い出を書きます。
我が家は二代黒猫が続いたのですが、初代クーちゃんの話です。
クーちゃんは、男やもめさんが病院に入院するから預かってくれとペットホテルで来ました。
思ったより、長引いているなと思っていると、飼い主さんの親戚の方が来て、飼い主は戻れんようになった。
猫は安楽死してくれと依頼されました。
困りました。
預かった猫であっても、ストレスがかからないように、またフレンドシップに扱うようにしていたのです。
でもクーちゃんは、決して私に心を許しませんでした。
猫によっては、大抵数日ですり寄ってくるのですが、クーちゃんはそんなことをしない子でした。
さて、安楽死の依頼をどうしたものか。
まずは、猫白血病と猫エイズの検査をしてみました。
両方とも陰性でした。
次にシャンプーをしていました。
クーちゃんは、必死になって耐えているようでしたが、ちゃんとシャンプーをさせました。
しかたがないな、飼うか。
結局、我が家で飼うことになりました。
クーちゃんは女の子でしたので奥さんには割と気を許す。
でも私には、恐怖を感じていたようで、私が近づくと逃げる、そんな子でした。
お風呂には私と一緒に入ったのですが、もう遠慮はありません。
大騒ぎで叫びました。(笑)
高いところが大好きで、信じられないような所に飛び上がる。
そんな子も、歳を取って大好きな高いところに上がれなくなりました。
私達はスロープを作ってあげ、上がれるようにしてあげたのですが、ただでさえ狭い我が家はスロープだらけ。
もう大変でした。
いよいよ弱ってきて、毎日点滴しました。
ふらふらになりながらも、点滴で生きていました。
最後は眠るようでした。
私の布団の中で、私の足の間で。
布団に入ってきたので。
彼女が死んでしまい、彼女を抱いて彼女が好んでいた場所を回りました。
そして箱に収めて、見送りました。
スロープは撤去しました。
あれほど邪魔に感じていたスロープが無くなって、猛烈にさみしさがおそってきました。
縁があってやってきたクーちゃんでしたが、すっかり我が家の一員になっていたんですね。
いつか私も向こうに行きます。
その時は待っていてくれると思っています。
また一緒に遊べる。
それを楽しみにしています。

クリックするとオリジナル画像:

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ハイパージョイントセミナー(HJS)様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。