獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板個別発言

Re:Re診断結果
投稿日 2014年4月25日(金)20時14分 投稿者 チーママ

迷いますね。でも数値は、病状が手を打てる範囲だと考えることもできます。
つまり、これ以上悪化したら手術をするかしないかではなく、安楽死をするかしないかの選択になるという事。リスクはあるけれど手術にかけるか、下手なリスクを冒すより、なるべく本兎が怖い思いをせず楽なようにしてあげるか。
どちらも飼い主さんの考え方ひとつで良いと思いますよ。
また 手術をしても、全快とはいかないかもしれません。ただもう少し延命が期待できるという事かもしれません。
こればかりは、獣医さんでも判断が付かないと思います。
どの道も、たどってみなければわからないのが正直つらいですね。
でも どの道を選択するにせよ、飼い主さんが納得していればよい事です。獣医さんも飼い主さんの選択を、サポートしてくださると思いますよ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:矢田獣医科病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。