獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板個別発言

Re3:ちこり
投稿日 2014年6月29日(日)22時17分 投稿者 チーママ

安楽殺…あえて、私は安楽死とは言いません。命を奪う行為であることには、変わらないと思うからです。
海外では、動物は人間が管理すべきものと言う感じで、これ以上は苦しむだけなら苦しませるべきではないから安楽殺するという話だと聞いたことがあります。
一方で、生死感や宗教観から、そこからスタートするのが日本の獣医師だと言われて、なるほどと納得したことがあります。
人間に置き換えれば、ターミナルケアやホスピスなしで、安楽殺と言う事でしょうか。
痛みや苦しさのコントロールと言うのも、今はある程度できるようになりました。
また、今少し楽になったというように、一緒に居られる時間がまだあるのかもしれません。
もしも、それでも結局はお別れすることになり、旅立っていくのを見ていられないというならば、そうした方法を選択すると言う事もありましょう。
それは人がとやかくいう事ではなく、あくまでも飼い主さんが決めるべきことです。
ちなみに、保健所で犬猫を処分するにはひどい苦しみが伴いますが、病院でする場合には、眠らせて苦しまないようにと言う方法を取ると思います。
私はよほどの事態でもない限り安楽殺を選択しませんので、その方法や過程をお聞きしたことはありませんので、獣医さんにお聞きになると良いと思いますよ。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。