獣医師広報板ニュース

ウサギ掲示板個別発言

Re:有り難うございますm(__)m
投稿日 2014年12月23日(火)15時58分 投稿者 チーママ

正直に言えば、ないとは言えません。
何かびっくりしてショックを起こしたというのでなければ、やはりどこかしら不都合があったはず。それが心臓なのか、脳神経なのかは分かりませんが。
EZ症なども、発症サインは微々たるものです。多くは頭が傾いたり、手足の踏ん張りが利かなくなって初めて気が付くことが多いです。
かかりつけの病院があれば、一応こんなことがあったとお話しておく方が良いでしょう。
また もしかかりつけの病院がないなら、万が一になってから探しても、ウサギをきちんと診れる病院はまだまだ少なく、思うような診療を受けることが出来ないこともあります。
健康診断がてらに、飼い主さんと相性の良い信頼できる先生を探しておく方が、とても気が楽ですよ。
長生きをしてほしいとは、誰しもが思う事。定期検診は、飼い主さんの疑問を解決したり、ウサギさんの体調管理に役立ちます。年に1・2回でもできるといいですね。 

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。