獣医師広報板ニュース

鳥類掲示板個別発言

文鳥の脚や羽根が弱ってきました。何をしてあげれば良いか教えてください。
投稿日 2014年11月5日(水)16時16分 投稿者 チコリ

6歳の桜文鳥(オス)がかなり弱ってきてしまいました。先日、小鳥の病院に連れて行き、消化能力が低下してきているからと消化を助ける薬を頂き、1か月程飲ませましたが弱る一方です。体を温めてあげた方が良いと言われましたので、つぼ巣も導入しペットヒーターとマイカヒーターもつけています。(でもつぼ巣には乗ってるだけで入りませんが)
最近では脚や羽根の力がかなり弱弱しくなり、手に乗っていても落ちそうになる為、止まり木も低くし、脚の負担を和らげる為にエサ入れも浅型に変更しました。飲み水にはネクトンSを混ぜました。
後は何をしてあげれば良いのでしょうか?普通のカゴではなく、キャリーケースのような小さめのケースに変えて止まり木をなくすしかないのでしょうか?
劇的な環境の変化によって更なるストレスがかかり、それで更に弱ってしまうのではないかとの懸念から実行をためらってしまいます。
脚の弱った文鳥や小鳥を飼われた経験のある方、他にどのような事をすれば良いかお教えください。よろしくお願いします!

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:矢田獣医科病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。