獣医師広報板ニュース

昆虫掲示板個別発言

Re:シロテンハナムグリ
投稿日 2011年10月13日(木)11時14分 投稿者 プロキオン

昆虫というか、甲虫がお好きなのですね。
動物病院にも、窓や自動車に衝突して、姿勢がおかしい、飛ぶ事ができないという鳥が持ち込まれたりすることもあります。このような場合は体や頭部に損傷を受けているケースが多いのですが、神経系となると眼の瞳孔が正常な大きさなのか、あるいは姿勢を変えた時に眼球が水平を維持しようとしているのか等で、ダメージの有無をみたりします。
でも、相手がカナブンということになると、ちょっとそのようなアドバイスでは役に立ちそうもありませんし、そこから先のどのようにしたらは、もっと分からないですね。

甲虫の類は、幼虫時代に土の中で暮らしている事が多いので、その時に土壌線虫に寄生されていることもあるようです。猫がカナブンを玩具にしていたりする時に、よく親からカナブンを取り上げるように言われました。
この土壌線虫によるものであると、馴染みが無いだけに余計にわかりません。

とにかく、足でしがみつく事ができる足場をしっかりとしたものにしてあげるとか、背中側を明るくしてあげるというようなことでしょうか?
あと、食餌としては、甘いものであっても水分が多いと下痢になりますので、糖蜜類が向いているように思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:業界最大級の獣医師求人 株式会社TYL様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2019 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。