獣医師広報板ニュース

野生と自然掲示板個別発言

野生動物「が」ではなく、「を」
投稿日 2017年2月2日(木)09時58分 投稿者 プロキオン

ヤフーニュースの転載ですが、これは野生動物がアマミノクロウサギを襲っているのではなく、野良猫が稀少種の野生動物を捕獲して食糧としているというのが、正しい伝え方ではないかと思います。
野生動物同士の捕食活動であれば、自然界における話であるので、むしろ人間が介入する必然性はありません。野良猫や放し飼いの猫がやっていることであれば、人間がこれを是正しなくてはならない理由が存在してきます。
沖縄のヤンバルクイナが、野良猫に捕食されているというニュースも以前からありましたが、なかなか良い方向にすすんでいるという話しになりません。
必ず、野良猫自身が人間の身勝手の犠牲者なのだから、猫を守れという人達が出てくるからのようです。

今回のニュースも新聞紙面の方では、野良猫の避妊・去勢で対応するというような対策が記載されていました。
避妊・去勢は結構なことですが、その猫達を再び放してしまえば、また、同じ事を繰り返しますよね。給餌したところで一度餌と認識した捕食活動がなくなるとは考えられません。
むしろ、別の猫達を呼び寄せかねません。
捕獲したら放してはならないのです。避妊・去勢では問題の解決になりません。
野良猫を助けろというのであれば、まず、飼い主となって、家から外へ出さないということを守らなくてはならないのです。

再び放してしまったのでは、アマミノクロウサギやヤンバルクイナへの脅威はなくなりません。
どうして、そのような本質を外した対応策が誌面に載るような形で出てきたのか、奇怪です。

http://http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170131/k10010859931000.html

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

サポーター:OrangeCafe様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。