獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板個別発言

補助犬への理解
投稿日 2015年12月31日(木)16時30分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

私は盲導犬募金箱を受付において、私の働きの一部も募金箱に入れるようにして盲導犬育成に協力しています。
先日、ネットサーフィンしていて盲導犬は動物虐待だからやめるべきだというような書き込みを読みました。
ネットですから、その方が健常者か視覚障害者かどうか不明ですが、視覚障害者が自分は犬を利用するのはかわいそうだから盲導犬を使わないならその人の見識だと思う。
しかし、健常者が盲導犬がかわいそうというのはいかがなものか。
私の家族はお陰様で視覚障害者はいない。
でも、家族が視覚障害者になり、外出のために盲導犬を利用したがったら私は求めると思います。
健常者であることは幸せなことです。
でも、心の隅に障害者の立場を理解する心を持っていないといけないと思う。
確かに、先日も盲導犬と視覚障害者がトラックにひかれる事件がありました。
犬にとっては大変な任務です。
でも、犬と人の絆は、人が狼から犬を作り出したときから続いている。
それは、一緒に厳しい自然と闘い、生き抜くために双方が選んだ道だったんだと私は考えています。
盲導犬など補助犬は障害者にとっては目で有り耳であります。
どうか、障害者の立場を理解してもらいたい。
面白おかしく利用しているわけではないのですから。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:いせはら動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。