獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板個別発言

社会に受け入れられる動物愛護
投稿日 2016年1月7日(木)10時03分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

昨日、とある団体の「動物はごはんではない」に対する私のコメントについて賛否両論いただきました。
ありがとうございます。
私は、極論は嫌いです。
殺処分0とか食肉反対とかは極論と感じています。
殺処分される動物を減らす試みとか、畜産動物の苦痛を減らす試みとかなら共感できるどころか大賛成ですが、殺処分0とか食肉反対となるとそれは無理と私は考え、無理を主張する個人や団体はうさんくさく感じます。
極論を振り回す者はカルトや過激派に転じやすいからです。
現実は大事です。
その現実にすりあわせて自分たちの理想を実現しようというのなら歓迎ですが、現実を全否定されてしまうと私は反発します。
そんな感情は私だけではないでしょう。
最近は社会に受け入れられる動物愛護という考え方も出てきたようですが、まだまだ少なく、強引さを感じる運動がまだまだ拍手喝采のようです。
しかし、神奈川県の動物愛護センター新設募金失敗のように、社会は極論を受け入れません。
社会に受け入れられる動物愛護、今後はこの考え方が重要になってくると思います。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:日本ベェツ・グループ 三鷹獣医科グループ&新座獣医科グループ 小宮山典寛様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。