掲載期間:2018/05/07-2018/07/06
[広告]

獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板個別発言

殺処分0のシェルターの問題
投稿日 2016年1月15日(金)21時36分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

資料は大阪市動物取扱責任者研修に提出された資料である。
行政は殺処分0のシェルターについて問題視していました。

資料
昨今よく耳にする「No-kill」(殺処分0)との関連

シェルター環境で最も重要なのは前述したとおり
・ストレスの管理
・頭数の管理(過密状況の管理)

しかし、昨今の「No-kill」(殺処分0)の風潮
⇒動物を安楽死しないとなると、施設内は常に飽和状態になりやすい。
⇒過密状態になり疾病が蔓延
⇒その結果、健康な状態でシェルターにきた個体までもが病気に罹患し譲渡不可に。

クリックするとオリジナル画像:

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:矢田獣医科病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。