獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板個別発言

ドナドナ
投稿日 2016年3月28日(月)09時05分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

昔、ドナドナという歌がありました。
育てた牛を食肉工場に連れて行く歌で当時かなり流行したと思います。
ネットを見ていても、食肉工場に運ばれる家畜の映像や殺処分自体の動画を公開している人もいる。
私は、農業高校の畜産科に入学して、自分が名前を付けて育て上げた豚を出荷したり、高校に検査員の獣医師に来てもらって殺処分したりを経験しています。
それまでは、まるで工場製品のようであった肉が、実は人の手で育て上げられた生きた動物であったこと、本当の意味で知りました。
人はこうして肉を手に入れていたんだ。
初めての殺処分の際は複雑でしたね。
逃げ出したい。
でも、頭を垂れて、冥福を祈りました。
その後は収穫の喜びです。
豚を切り分け、骨と肉を切り離す。
その日は高校内の宿舎で泊まりがけ、明くる日はハムやベーコンを作るのです。
つまり、私は子豚からハムになるまでを知っています。
小学生に豚を育てさせた映画を見ましたが、あれは教育的目的がよく分からなかった。
ペットなのか家畜なのか線引きが曖昧なのです。
あれでは、名前を付けて育てた子どもたちがかわいそうに感じました。
私は家畜として豚を育てました。
結果、ほんの少しですが、畜産業の喜び、つらさ、厳しさを経験したように思います。
それは自分の人格形成にとって、とてもいいことだったと思います。
肉を食べると言うことは、どういうことなのか、リアルに知った。
畜産科で受けた教育は、私の人生の宝物です

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:池田動物病院様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。