獣医師広報板ニュース

動物の愛護掲示板個別発言

保護犬引き取り、諸費用免除 殺処分減へ、全国初の試み /東京
投稿日 2016年4月7日(木)19時40分 投稿者 ムクムク e-mail: mukumuku★vets.ne.jp
(注意:メールの際は★を@に変更してください。)

http://mainichi.jp/articles/20160404/ddl/k13/010/029000c#
私は行政が動物愛護団体のまねごとをすることに反対です。

反対理由
1.既存の民間動物愛護団体の立場が悪くなる。
 既存の愛護団体は、考えがあって費用を求めたりしている。
 また、その後も元気にしているか連絡を取ったりしている団体もいる。
 保健所からもらえば、ただの上に諸費用免除では、民間団体が悪徳団体視されかねず、存続の危機になりかねない。
2.公務員の定時作業時間では仔猫の給餌など出来ない。
 金曜の夜に給餌したら、月曜の朝には冷たくなっている。
 結局ボランティアに頼らざるを得ず、それなら最初から民間に委託した方が良い。

神奈川県も動物愛護業に乗り出すつもりのようだが、行政は認定愛護団体を育てて、譲渡に向いた動物を認定愛護団体を通じて譲渡をするような形を作った方がいいと考えています。
行政がすべて譲渡は無理です。
だって、子どもをかみ殺した犬を譲渡できるか、末期癌の猫を譲渡できるかという問題にぶち当たる。
民間に天使になってもらえばいいのです。
行政は鬼になって。
行政が直接動物愛護団体のまねごとをやり出すと、民間団体がつぶれかねず、結果として今までの動物愛護活動が後退しかねない。
税金を殺すことではなく生かすことに使えとよく聞くが、使い方も大事。
私は、認定動物愛護団体を育て、引き出しに応じて補助金を出すよう方法が一番いいと考えています。
行政の100万円はボランティア団体の100万円とは異なる。
公務員の平均給与を考えてもらえば、ご理解いただけると思う。
動物愛護活動は民間が行う方がいい。
指導は行政がやればいい。
それが日本でも実情に合った方法だと私は考えます。

◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ハイパージョイントセミナー(HJS)様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。