獣医師広報板ニュース

動物看護師掲示板個別発言

Re:動物看護師になりたいです
投稿日 2013年7月24日(水)12時34分 投稿者 プロキオン

質問の流れから、こちらにも私がレスしてしまいますが。

今、高校1年生ということであれば、今すぐにどちらかに決めてしまわなくてはならないとは思えません。じっくりと考えてよいと思います。

立地条件もありますので、動物病院の数というのは、ある程度決まっており、際限なく増えていくことができるというものでもありません。無理に新規開業しても近隣の病院との無用な軋轢を生じるだけであって必ずしもうまく行くとも限らないわけです。
そうすると、勤務先である動物病院が増えてくれなければ、動物看護師さんにとっても、就職先が限られてしまうということになり、欠員が生じないと就職しにくい事態が来ることも予想されますよね。
新卒の獣医師にとっても、そこは同じなのですが、就職先が本当に限られているというのに動物園獣医師の職があります。

動物園と言っても、公立であれば、国家試験以外にも公務員試験に合格しなくてはなりませんし、公務員として採用されたからと言って、家畜保健衛生所や食肉検査所に勤務することになる可能性の方が、はるかに高いです。
では、動物園を希望する者は、どうしているのかというと、学生時代から動物園に実習に行って飼育係の人の邪魔にならないようにお手伝いをしながら、顔を繋ぎ、各地の動物園の求人情報を収集することに努めるのです。晴れて公務員として採用された場合に、すでに顔が繋がっているということで、人事を有利に進めようという狙いがあるわけです。

東京都であれば、上野、多摩、井の頭、大島とありますが、私の同級生の場合は、上野でサイの飼育係さんのお手伝いさんに潜り込みました。彼の仕事ぶりを覗きに行ったところ飼育係さんの好意で、寝小屋の方にまで入れてもらえました。
その時に、事前に注意された内容に、知らない顔をみると警戒して小屋に入らないから、通路には近づかないようにというのがありました。サイは近眼で、あまり人の顔が分からないと思っていました、まあなんというか、その人の顔が識別できる距離だったのです。
当時のサイは、ツノ吉とガン子と名づけられていましたが、飼育係さん達にはダニーとブーと呼ばれており、こちらの名前で呼びかけないと自分達の事とは思ってくれなかったみたいです。
つまり、何を言いたいのかというと、顔が通じていて便利なのは、人間以上に動物達に対してであり、同じ新採用であれば、動物達が警戒しないですむ人間の方を動物園に回してくれという動物園側の要望が登場する余地が出てくるということなのです。その分、動物園に回してもらえる可能性が高くなるという事なのです。

もっとも、動物園を希望する獣医学生であれば、これは誰しも考えることであって、私の友人だけに有利に働くということではありません。実際に、友人は動物園ではなく、乳業メーカーに就職しています。

同じように、動物病院に勤務しようとしても、やはり有名な動物病院と言うのがあり、特化して有名な医療分野をもっている病院というのは、獣医師が勉強していくうえで、どうしても採用してもらいたい、就職したいという病院があるものです。
私の研修先となった病院は、私の先輩がお前にはあの病院がよいだろうとコネで頼み込んでくれた病院です。当然、他の獣医師達は、学生時代から実習で顔をつないでいたりしていたわけで、私なんか恐縮するしかなかったですね。
私なんかは、自分で努力していなかったにもかかわらず、〇〇先生の病院が研修先というだけで、小動物分野の同級生には感心されました。もっとも、師匠が名医であっても弟子までが名医とは限らないわけであって、その分ずっとプレッシャーを感じざるをえませんでした。


この前の方の質問にも関係しますが、動物看護師の資格試験は、徐々に統一されたものとなり、一定の評価も受けることができるようにかわっていくものと思われます。
ですから、資格試験というものは、やはり、私は受験されて、しっかり取得されていたほうが良いと思います。
その一方で、資格が仕事先までを保証してくれるわけでもありませんから、自分自身で就職先を見つけておくということも必要ではないかと思います。
高校1年生ということですから、どのような動物病院に勤務したいということは、まだ分からないでしょうが、動物病院は、みんな違うのです。それぞれの個性があって、医療内容も同じではありません。
獣医師が、自分がどのような分野の臨床を売り物にするかを考えるのと同じく、どのような動物医療に携わりたいのかを自覚しないとなりません。
近くでも遠くでも、顔を繋ぐ事が可能な動物病院があるのであれば、そちらからどのような特化した専門科目をもった病院があるのか情報を仕入れ、自分自身の思い描く看護師像にもっとも適した病院を捜すとよいのではないでしょうか?
高校生活は3年間あるのですから、看護師になれさえすれば、どんな動物病院でもよいというのではなく、看護師になって何をするかまで考えることのできる時間を大切にして欲しいと思います。

私の友人や私の研修先の獣医師の先生たちにしても、みんな学生時代から、就職先については動いており、卒業試験や国家試験を経て免許を取得する以前から、目的や考えをもって行動していました。そういう努力が100%報われるのかというと、必ずしもそうではないというのが、社会です。
獣医師になるのをゴールとしてせずに、その先を考えていても、就職となると思うに任せないものです。
まあ、だからこそ、動物看護師になることだけを目的地とせずに、その先のどのような看護師さんになるのかまでを 時間をかけて出よいので考えて欲しいのです。




◆獣医師広報板サポーター◆
獣医師広報板は多くのサポーターによって支えられています。
以下のバナーはサポーターの皆さんのもので、口数に応じてランダムに表示されています。

サポーター:新日本カレンダー株式会社ペピイ事業部様のリンクバナー

サポーター:ペット健康館 - 犬猫用の健康サプリメントの販売、ワンダードリーム様のリンクバナー

サポーター:ペット用品通販Gズ\ィエ.COM有のリンクグオー

サポーター:ハイパージョイントセミナー(HJS)様のリンクバナー

サポーター:ペットコミュニケーションズ株式会社様のリンクバナー

あなたも獣医師広報板のサポーターになりませんか。
詳しくはサポーター募集をご覧ください。

◆獣医師広報板メニュー
◆モバイル◆
獣医師広報板
i-mode,au,soft-bank携帯対応獣医師広報板2D-code
docomo,au,soft-bank
スマートフォン対応
獣医師広報板は、町の犬猫病院の獣医師(主宰者)が「獣医師に広報する」「獣医師が広報する」
ことを主たる目的として1997年に開設したウェブサイトです。(履歴)
サポーター広告主の方々から資金応援を受け(決算報告)、趣旨に賛同する人たちがボランティア
スタッフとなって運営に参加し(スタッフ名簿)、動物に関わる皆さんに利用され(ページビュー統計)
多くの人々に支えられています。

獣医師広報板へのリンク広告募集サポーター募集ボランティアスタッフ募集プライバシーポリシー

獣医師広報板の最新更新情報をTwitterでお知らせしております。

Copyright(C) 1997-2018 獣医師広報板(R) ALL Rights Reserved
許可なく転載を禁じます。
「獣医師広報板」は商標登録(4476083号)されています。