シネマチェックトップページ50音別indexア行index 


ありふれた悪事      


2016年 韓国 (ORDINARY PERSON)
サスペンス   

<監督>キム・ボンハン
<キャスト> ソン・ヒョンジュ , チャン・ヒョク , チョン・マンシク

<ストーリー>
刑事のカン・ソンジン(ソン・ヒョンジュ)は、自分が逮捕した男が凶悪な連続殺人犯だと告げられ、厳しい取り調べを続けるが、カンの親友の記者ジェジン(キム・サンホ)は、捜査に疑念を抱く・・・。

<感想>
軍事政権末期の韓国が舞台になっているので、怖い話が続きます(T_T)。
政権や権力を持つ者にとって都合の悪いことは、全て抹殺させられてしまい、犬でさえ、おちおち生きていられません(^_^;。

ラストは、正義は勝つ!と思いたかったですが、やはり悪も、しぶとく生き残っていて、ゾッとしました。
ただ、老けメイクが分かりにくくて、私の思った通りだったのか確信はありません・・・(^_^;。

韓国にとっては、民主化になる前の暗い時代を描いているわけで、こういう話を映画に出来ると言うことは、国として成熟してきたということでしょうか。
実話かな?と思ったのですが、そうでもなさそうです。

主役は、たびたび映画で見ているはずのソン・ヒョンジュ。
でも、少々地味なのであまり印象に残っていませんでした。
こういう話なので、庶民的で、どこにでもいるようなおっさん(!)的雰囲気である彼のようなキャストがいいのかもしれません。(2018,11,08)



シネマチェックトップへ