シネマチェックトップページ50音別indexサ行index 


ソロモンの偽証 前篇・事件 後篇・裁判      


2015年 日本
   

<監督>成島出
<キャスト>藤野涼子 , 板垣瑞生 , 佐々木蔵之介 , 夏川結衣 , 永作博美 , 黒木華 , 塚地武雅 , 市川実和子 , 余貴美子 , 小日向文世 , 尾野真千子, 津川雅彦

<ストーリー>
クリスマスの朝、校庭で見つかった柏木卓也(望月歩)の死は、自殺とされたが、ある日、彼の死は殺人だと書かれた告発文が、校長(小日向文世)やクラス委員の藤野涼子(藤野涼子)に届けられる・・・。

<感想>
昨年、原作を一気読みしてから、是非見たかった作品です。

中学校で起こったある生徒の死。
その死を巡って、様々な憶測が広がり、また、新たな事件も起きたことで、動揺する生徒達。
その生徒たちの気持ちを置き去りにしたまま、収束させようとする大人に、不信を抱く生徒は、自分たちで、真実を明らかにしようとする・・・。

原作は、文庫本で6冊という大作でしたが、原作者、宮部みゆきさんの読みやすい文章と、真相は、いったい何だったのかという好奇心に助けられて、普段は遅読の私でも、あっという間の一気読みでした。
映画の方は、濃い内容を分かりやすくコンパクトにまとめ上げていて、よかったと思います。

中学生役のキャストは、主役の藤野亮子をはじめとして、新人を多く起用し、とても新鮮で、なおかつ、それぞれの役柄にぴったりで、しかも力演でした。
特によかったのは、主役の藤野涼子を演じた藤野涼子さん。
しっかり者のクラス委員長を好演です。
その他の主要メンバーも、違和感なく、キャスティングが光っていました。
そして、彼らをサポートする脇役の大人達も、ベテランを贅沢に起用していて、見応えたっぷりでした。

原作では、多少長く感じてしまった裁判シーンも、映画では、要所を短くまとめて、見やすくなっていました。
ただ、コンパクトになった分、いいキャラだった人が映画では出てこなかったり、省略されてしまった箇所も多々あるので、映画を気に入った方は、是非原作も読まれることをお薦めします。(2016,06,01)



シネマチェックトップへ