シネマチェックトップページ50音別indexナ行index 


のぼうの城      


2011年 日本
時代劇・アクション   

<監督>犬童一心,  樋口真嗣
<キャスト>野村萬斎, 榮倉奈々, 成宮寛貴, 山田孝之, 西村雅彦, 尾野真千子, 佐藤浩市, ピエール瀧

<ストーリー>
天下統一目前の豊臣秀吉(市村正親)は、いよいよ北条攻めに乗りだし、北条の支城である、“忍城”にも、石田三成(上地雄輔)の軍勢が押し寄せる。その城を任されたのは、”のぼう様”と呼ばれる成田長親(野村萬斎)だった・・・。

<感想>
”のぼう”とは、”でくのぼう”の略なのだそうです(^^;。
織田信長も、若い頃は、”うつけ”と呼ばれていたというけど、今回の主人公、長親は、まわりからだけでなく、農民からも、”のぼう”と呼ばれて、えへへとしてるところが、なんかすごい(^^)。
悪口というより、愛称と、捉えていたのでしょうかねぇ(^^)。

歴史映画は、苦手なのですが、秀吉の頃の話は、ちょくちょく耳にするし、武将の名前も聞き覚えがあるので、肩肘張らずに見ることができました。

とはいえ、この話は、初めて聞く話。
なるほど、北条側の支城とはいえ、圧倒的な秀吉軍の前には、城主のこの決断も、仕方のないことなのでしょうね。
それを、いともあっさり反故にしてしまった長親(^^;。
いかにも”のぼう様”らしいところです(^^)。
虚実取り混ぜたと思われる色々なエピソードも、楽しく見ることができました。

主演の野村萬斎は、彼以外のキャスティングが考えられないほどの圧倒的な存在感。
ひょうひょうとしていながら、どこか凜とした所のある長親は、彼にぴったりでした。
船上での舞のシーンは、彼ならではで、あのシーンを見られただけでも、なんだか得した気分です(^^)。

水攻めのシーンも迫力ありました。
でも、迫力がありすぎて、震災直後には、とても正視できなかったであろうと、思われます。
ちょっと時間がたった今見ても、まだ胸が痛みました(T_T)。
それにしても、あれだけの堤を作ったりして、相当長い戦いだったのかと思って調べたら、40日ほどのものだったらしいです。
すごい人的エネルギーですよね〜。

時代劇ながら、現代的な演出で、年代を問わずに楽しめそうな映画でした。
だから、重々しい時代劇を望む向きには、ちょっと拍子抜けかもしれないです。
私は、最初から最後まで、それなりに楽しめました。
ただ、いつも洋画を字幕で見ているせいなのか、大声でしゃべるシーンは、台詞が聞き取りにくくて苦労しました(^^;。

原作は、大ヒット作だそうですが、歴史読み物は、苦手なので、まだ未読です。読むべきかな・・・?

(2012,11,03)



シネマチェックトップへ