シネマチェックトップページ50音別indexハ行index

ハードキャンディ      


2005年 アメリカ スリラー   

<監督>デヴィッド・スレイド
<キャスト>パトリック・ウィルソン , エレン・ペイジ , サンドラ・オー

<ストーリー>
32歳の売れっ子フォトグラファー、ジェフ(パトリック・ウィルソン)と、14才のヘイリー(エレン・ペイジ)は、出会い系チャットで3週間のやり取りの後、実際に会う約束をする。カフェで会った二人はさらに意気投合して、彼の自宅にクルマで向かうが・・・。

<感想>
これは痛い話でした。人によっては、縮み上がる?!!って感覚かも(^^)。
噂で、怖い話だと何となく聞いていたのですが、なるほど、こういうことでしたか。

映画に登場するのは、32才のジェフと、14才の少女、ヘイリー。ほとんどこの二人だけです。
二人が出会うのはチャット。そこでの二人の会話は、微妙な隠微さが漂っています。そして、この日、初めて、二人は顔を合わせるのですが、ジェフは、意外と、いい人っぽく、どちらかというと、ヘイリーの方が、積極的に感じられました。
そして、カフェを出て、ジェフの家に行って・・・気がつくと、ジェフは、縛られていたのでした。

映画は、終始、ヘイリーのペースで進み、彼女が何を考えているのかは、謎。大の男であるジェフも、縛られていては何も出来ず・・・。
そして、次に気がついたとき、ジェフは、どんなに絶望感を味わったことでしょう。
延々と、二人の会話が、密室で続くのですが、着々と、ヘイリーは、ある目的を達しようとし、ジェフは、それを止めさせようと必死なのですが・・・。

カメラは、ほとんど、ジェフの視線と同調しているので、何が起こっているのか、行われているのかは見えません。分かるのは、ヘイリーの言葉と、器具の音、そして、自分自身の感覚。恐ろしいですねーーー(TT)。

密室で行われる恐怖体験と言うことでは、「SAW ソウ」と似ていますが、こちらは、そのものズバリを全く見せないにもかかわらず、十分痛みを感じてしまう、まさに”想像力ペインムービー”でありました。

どうしてヘイリーは、ジェフをこんな目に遭わせたのか?彼は本当に、罪があったのか?そもそも彼女は何者だったのか??
一応、謎解きらしきことはあるのですが、この終わらせ方は、私はあまり好きではありません。それまでの彼女の行動との、違和感を感じて、残念な気がしてしまいました。ただ、彼女を1人の少女と見ないで、大勢の被害者たちの化身として見ると、納得出来るかもしれません。

この映画の立役者は、やはり、主演の二人です。特に、ヘイリー役のエレン・ペイジはすごい。さすがに、14才ではなかったですが(1987年生まれ)、幼さの中に、冷徹な大人の顔がかいま見れます。時には、助けてあげたくなるような可憐さを、そして、時には、ぞっとするような計算高さを感じる、そんな演技をしていました。
縛られるジェフ役のパトリック・ウィルソンは、”お疲れ様でしたで賞”を差し上げたいです。あの不自然な体勢で、長時間の熱演、さぞ大変なことだったでしょう。

そして、この題名もすごい。HARD CANDYの意味、今回初めて知りました(^^;。分からない方は、を見てみてね(^^)。(2007,08,30)



シネマチェックトップへ