シネマチェックトップページ50音別indexラ行index 


ライフ・アフター・ベス     


2014年 アメリカ (LIFE AFTER BETH)
コメディー・ホラー   

<監督>ジェフ・ベイナ
<キャスト>オーブリー・プラザ , デイン・デハーン , ジョン・C・ライリー

<ストーリー>
ザック(デイン・デハーン)は、恋人ベス(オーブリー・プラザ)の突然の死に茫然自失していた。ところがある日、死んだはずのベスの姿を彼女の家で見かけ、驚喜する。しかし、何か、様子がおかしい・・・。

<感想>
正当派ではありませんが、亜型のゾンビ映画という感じで、なかなか面白かったです。

死んだはずの恋人が生きていた!?
彼女との別れに心残りのあったザックは、再会した彼女に許しを請い、誠心誠意尽くそうとするのだが、なんか変・・・?!

切ない話なのですが、思わず笑ってしまいます・・・だって、彼女、どう見ても、ゾンビですから・・・(^▽^)。

主演は、今話題の?デイン・デハーン!
「アメイジング・スパイダーマン2」の時も、インパクトありましたが、この作品で彼の魅力全開です。
まず、ビジュアルがいろんな意味ですごい。
レオ(レオナルド・ディカプリオ)に似ている面もあれば、一瞬、マネキンか?と思っちゃうほど、人間離れしている時もあります。
演技も、とてもいいです。
ゾンビの彼女に翻弄されても、愛しているのがよく分かる切ない表情や、歯をむき出しにして怒りまくるシーンも秀逸。

一方、ヒロインのベス役のオーブリー・プラザも、すばらしい。
普通の時も、ぎょろ目がちょっと怖いけれど、そんな彼女がゾンビに変化すると、ますます怖くて不気味で、笑ってしまいます。
他にもアナ・ケンドリックやジョン・C・ライリーが共演していて、なかなか力の入ったゾンビ映画でした(^▽^)。(2016,02,14)



シネマチェックトップへ